40代サラリーマンに夢を!サラリーマンをしながら起業してバイアウト、夢を叶えたブログ

Fantastic Viral Machine

blog

サラリーマンをしながら未経験からコインランドリーの会社を立ち上げる!その2

投稿日:

前回の続き

サラリーマンをしながら未経験からコインランドリーの会社を立ち上げる! その2

私自身で立ち上げた法人向けウェブの制作、コンサル業は徐々にクライアントが増えて安定してきました。
法人相手にすると月額数万円と固定額なので売り上げが見えて事業の見通しがしやすいですが、

・フロービジネスの近いビジネス業態であること
・労働集約型ビジネスであること

がネックで事業を起こさないと思い、コインランドリーの事業会社を仲間3人で立ち上げました。

前回も書きましたが、当初コインランドリーのオーナー側を考えていたのですが
一年コインランドリー業態を学んで以下の業務がまだニッチで参入癖が低いと考え
ビジネスを起こしました。

・FC(フランチャイズビジネス)
・コインランドリーの運営代行(清掃、コールセンター、売り上げ促進施策)

コンビニと一緒でコインランドリーもこのままだと飽和状態になりますが
大手が参入していない価格が下落する前であり、
100円だまを都運輸するという旧ビジネス業態に革命を起こせると思って2年必死にやりました。



因みに、役員報酬は2年間、月5万円です・・・涙
泣きそうでしたが、本業のサラリーマンと複業のウェブ制作会社で凌ぐと言う生活です。

2年間で
店舗を4店舗(直営2店舗、オーナー様2店舗)
運営代行(100店舗までいきました!)

大体一店舗は2500万円で公庫や知り合いにお金を借りましたが
運営代行が薄利なので完全に自転車操業でお金がない、倒産か・・・
と投資家や地銀を回って融資の相談、プレゼンを行っていました。

瀬戸際に追い込まれると知識よりも行動!
何よりも行動!!が大事だと身に染みてわかります。

寝れない日々や後悔も何度もしましたが
私の場合、2人の仲間がものすごい良くて

皆、裏切らない、裏切れない、で結束していたので
なんとか乗り切れたのが本音です。

たまたまコインランドリー事業をやっていただけで
この仲間でできるのなら何のビジネスでもよかった、
ですのでコインランドリーに本気なれた、
死に物狂いになれました。

人生で一度本気で何かやったか?と神様に聞かれたらこの2年間です。

後に売却することになり大手企業のグループ会社になるのですが
やはり自分たちの会社、という気持ちがなくなりつつあるのが心情です。

3人でこの2年間を駆け抜けられた、のは何者にも変えられない体験でしたので
またこの体験は追って書きたいな、
また度胸がある人、
世間でいう愚か者wに
味わってもらいたいと思います。。。

-blog

Copyright© Fantastic Viral Machine , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.