40代サラリーマンに夢を!サラリーマンをしながら起業してバイアウト、夢を叶えたブログ

Fantastic Viral Machine

blog

サラリーマンをやりながら会社を立ち上げた理由

更新日:

前回の内容でサラリーマンをやりながら会社を2社立ち上げる、

ということを書きましたがなぜ??どうやって???という声が聞こえてきそう(誰も言っていない・・)

なので詳細を記載したいと思います。

まず、私には妻と子供がいます。

いきなり、会社辞めて、会社を立ち上げる!!なんて絶対できない、言えない環境でした。

なので黙って1社目を立ち上げました。



嫁が怖かったんですね。。。涙

因みに会社の登記は友人の会社の住所を借りましたので郵便物やDMとかはほぼ来ないです。

ただし、税務書類は自宅に来るので注意が必要です汗

なぜ会社を立ち上げたかというと

・サラリーマンとしての年収500万、さらに下がる可能性ありで生活ができない

・その時の環境に社長が多く、何故か社長をやりたい!と思った

のが正直な気持ちです。。。

ですが、通常では考えられないのですが

まず会社を作ってその時の事業内容は決めていませんでした。。汗

なので会社の定款(基本方針や事業内容)はやりそうなことは全部書きました。。

因みに定款の内容にないことで会社の事業を行うと罰金になります。

話を戻すと、

株式会社を作るのみ最低20万円かかりますが、そのお金も持っていなかったので先ずはそこです。

資本金は1円からできますが、会社を作るのに20万円かかることすら知らなかったんです。。

そこでかなりアクロバティックなことをします!!

なんとサラリーマンで働いていたベンチャー会社の社長に会社作りたいのでお金貸してください!!と

話をしてなんと借りることができたんです!!

普通の会社ではできない、ことですよね。

今もその社長とは仲良くさせてもらって今でも仕事をしていますが、

そのベンチャー企業が働いていた一緒に働いていた環境が面白く

元社長、株で稼いでいるのでほぼ道楽で働いている人、業務委託で働いている環境だったんです。

会社の求人が「変態求む!!」みたいな感じでしたので一般企業ではいない面白い人に出会えました。

環境で人が変わるの典型例ですね。。

なので社長の理解があったのかもしれません。

続く

 

-blog

Copyright© Fantastic Viral Machine , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.