Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、お役に立つ情報を独自の視点で紹介するバイラルメディア

心が病んだ時に聞くべき、ミスチル(Mr.Children)お勧め5曲! |

      2017/10/17

人生いい時もあれば悪い時もある、ミスチルに支えられたあの日々

新卒で入った会社がチョー辛かった時、
行き帰りの満員電車でミスチルを聞きまくってました。
あの頃の自分は、ちょっとやばかったですね。。
ミスチルをイヤホンで爆音にして
自分を奮い立たせていました。
周りからすると、
『おいおい・・朝から無理やりモチベーション上げててあの新入社員、哀れだわ』
『頑張っている自分大好き!!みたいでかっこ悪いわ』

みたいな感じだったでしょう(汗)
それくらい、ミスチルに支えられた日々だったのです。
そんな精神的に追い詰められた人や心が病み始めた人が
『明日はいいことあるかもしれないから頑張ろうかな?』
と思える個人的に元気が出たミスチルの曲をご紹介します!!

1.I,ll be

もうこの曲は歌詞が素晴らしいです。
アルバム、ディスカバリーに入っているVerよりも
シングルの早いテンポのロック版がお勧めです。
個人的にこの曲には特別な思い入れがあり
下の歌詞を紙に書いていた(おいおい、病んでたな・・)位素晴らしい曲です。

腑甲斐無い自分に 銃口を突き付けろ
当たり障り無い 道を選ぶくらいなら
全部放り出して コンプレックスさえもいわばモチベーション
人生はいつもQ&Aだ
永遠に続いてく禅問答
そしていつの日か僕も dead
I’ll be back

2.蘇生

このIt s a wondful worldというアルバムの1曲目が蘇生です。
シングルでもないのですがこの曲でダメダメな自分を勝手に投影して
うぉぉおおーーーー俺もさえない現実を塗り替えてやるぜ!!!!!
と奮い立たせていた思い出深き曲です。

叶いもしない夢を見るのは
もう止めにすることにしたんだから
今度はこのさえない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ
そう思ってんだ変えていくんだ
きっと出来るんだ
そう何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
今も心に虹があるんだ
何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そうだ まだやりかけの未来がある

3.彩り

もう完全にサラリーマン賛歌の曲ですね。
日々自己問答を繰り返すサラリーマンの問いに見事な回答が下の歌詞です。
そうなんですよ!!単純作業は回りまわって誰かの助けになっているのです!!
そう思えば明日も頑張れます!!

僕のした単純作業が この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく
そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑
今 社会とか世界のどこかで起きる大きな出来事を
取り上げて議論して
少し自分が高尚な人種になれた気がして
夜が明けて また小さな庶民

4.くるみ

もうこの曲は泣けます。PVで泣けます。
当時仕事を辞めてこの曲をひたすら聞いた記憶があり特別に思い入れがあります。
くるみは『来る未来』を略したものと聞いたことがありますが

希望の数だけ失望が増える、それでも明日に胸が震えるですよ。。
良かった事だけ思い出してやけに年老いた気持ちになる
とはいえ暮らしの中で今 動き出そうとしている
歯車のひとつにならなくてはなぁ
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」想像してみるんだよ
どこかで掛け違えてきて
気が付けば一つ余ったボタン
同じようにして誰かが 持て余したボタンホールに
出会う事で意味が出来たならいい
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
十字路に出くわすたび迷いもするだろうけど

5.fantasy

最新アルバム:REFLECTIONの1曲目です。
正直ここ2枚のアルバムが個人的には全然ダメで、
『あぁーーーミスチルに心踊らされなくなったな・・・』と残念に思っていたら最新アルバムが良いのです。
往年のミスチルが帰ってきた!!ボレロ時代に若返った気がします。
そして桜井さんの十八番、『頑張っている人の応援歌!!』もしっかり収録です。

ゴミ箱に投げ捨てたファンタジーをもう一度拾い上げたら
各駅電車をジェットコースターにトランスフォームして
[不可能]のない旅へ
出来ないことはない どこへだって行ける
躓いてもまた立ち上がれる
いわゆるそんな希望を 勘違いを 嘘を
アルバムに 記してゆこう

最後に

今回は歌詞を中心にセレクトしたのでyoutubeを埋め込んでいません。
かなり個人的なセレクトですが
私的には思いれが強い5曲をご紹介させてもらいました!

 - 音楽