Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、お役に立つ情報を独自の視点で紹介するバイラルメディア

書を捨てよ!『ナンパ』をしに街へ出よう!!

      2017/10/17

ナンパをすることで人生が変わった男の話

ナンパをすることで人生が変わった男の話

因みに表題は寺山 修司氏の名著である
「書を捨てよ、街へ出よう」のオマージュです(笑)
私はナンパをすることで人生が変わりましたね、間違いなく!
ナンパって、マイノリティーじゃないですか、
それをやり続けるというモチベーションって何だろ?

と思ったんです。
モテたい!!、自信をつけたい、
自分を変えたい、行動力をつけたい!!
なんでも良いと思うんですが、
本読んでも、安全なコミュニティーに居て皆で
『アナタは大丈夫だよ!!』
『一緒に頑張ろうよ!!』
とか言いあっても何も変わらないって
自分自身良く分かっているじゃないですか。

ナンパには異世界との出会いがある

ナンパをすると、
自分の世界では間違いなく出会えない人との出会い、
自分の想定外の出会いがあり
異世界ってこんなに面白いんだ!!ってわかったり、
『クソ野郎!!』と無視や悪態付けられまくっても
そんなのはかすり傷だとわかったり、
とりあえずやってみよう!、
ダメだったら別なことをしてみたらいいんだし!!
と楽観的な考えになったり、
自分ってこんなにイケてないんだ(泣)
と自分の現状が客観的にわかって、
オレ、なにを変えていいんだ?
と考えるキッカケになったり、
ナンパ成功したら、オレってイケるかも?と
勘違いのちょっとだけの自信はついたり、
それでつっぱしれば人生変わっていくと思うんですよね。

個人の8割のキャリアは、予想していない偶然の連続によって形成される

個人の8割のキャリアは、予想していない偶然の連続によって形成される
という言葉があるのですが
ナンパをこれに合わせてみたら、なんかしっくりきたんですよね。
「好奇心」「持続性」「柔軟性」「楽観性」「冒険心」。
・「好奇心」。偶然の出会いです。
渋谷に行く電車に乗っている時、「今日誰と会うんだろう?」って。
家を出たときなんて誰に会うかもわかってないんですよ。
私は、今も女の子にモテたい!。
「今日は誰と会うのかな?」という好奇心がいっぱいでした。
・「持続性」。たまにかわいくない子もいるんですよ(笑)。
けど、エンタメを考えると結構リピーターになってくれる方が多くて、
その後合コンにつながっていくんです。
「いや、この子はちょっとかわいくないかもしれないけど、
この子が次に連れてくる友達はかわいいかもしれない」。
これ位のモチベーションでよいと思います(笑)

・「柔軟性」ですね。出会った瞬間から話を始めなくてはいけません。
しかも立ち止まってもらって、
その後飲みに行って、あわよくば……っていうところまで、
柔軟に対応していかなければいけない。
渋谷とか新宿の女の子って、ナンパされ慣れてるんですよね。
「ねぇねぇ、ちょっと飲み行かない?」、
これはダメです。
普通すぎてダメなのですね。
想定外の声かけ、相手の想像を超える話をしてあげると
皆、普段想定内で生きていますので意外と人は聞いてくれます。
・「楽観性」ですね。断られるんですよ、結構冷たく。
無視されたり。凹むんですよ。
何回も何回も失敗します。

その時の呪文は
「大丈夫だ、一生会わない、一生会わない、一生会わない」
断られても、ひどいこと言われても、あの子とは一生会わないと。
もうひとつ意味があります。
私が声をかけなければ、一生会えないかもしれない。

根拠のない自信で突っ走る

部屋に閉じこもって本ばっか読んでないで、街へ出よう!!
『むむっ人生って何ぞや???』
と深刻に考えても何も始まらない、
夏だし、とりあえずナンパをしよう!!
電車で見かけた綺麗な人に声をかけてみよう!
会社に行かずに海に言ってギャルに声をかけてみよう!
そこからしか人生は開けないのです。

 - 自己啓発