Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、webマーケティングや芸能関係など日常のお役に立つ情報を独自の視点で紹介するファンタスティックなバイラルメディア。

*

ホリエモン(堀江貴文)が語る、『プライドの低いバカがいちばん強い』「言い訳」しない、「自意識」と「プライド」を捨てることについて。

   

中途半端に小利口な人は、グダグダ、グダグダ考えているだけで、何もできない。結局、「考える」ことができるほど利口じゃないけど、プライドはない人が、得をしているのだ。


人間賢い人は動けない、世の中には100%、絶対成功できるは存在しないんですよ。

60%の確度を信じて動けるかどうかです。

ナンパでも営業に通じるのですが、

いかにして自分はバカです、だから教えてください!!と言えるかに尽きるんですね。

知らないことや分からないことを恥と思わず

教えてくださいと言って相手に飛び込んでいける人間が強いと思うのです。

素直な人やプライドのない人間は相手から好かれるものです。

『まぁーーー仕方ないな!』『こいつなんか気になるな』

と思わせたらこちらの勝ちです。

相手も逆に気にならせる位の人間力がいつの間にか付いているのです。

ph01

プライドはない人が、得をしているのだ。


結局、プライドの低いバカが、得をすることも多い。

プライドがないから、誰にでも声をかけられるし、

なんにでも挑戦できる。

普通の人は

「こんな有名人に声をかけたら、嫌がられるのではないか」

「失敗したら、『できないやつ』だと思われるのではないか」

と躊躇してしまう。

要は、自分のプライドが傷つくのを恐れているのだ。

一方、プライドのない人は、恐れるものはないから、

どんどん他人に声をかけ、どんどん挑戦している。

挑戦してみてわからなければ、迷いなく誰かに尋ねる。

どちらが得をするのかは、明白だろう。

中途半端に小利口な人は、

グダグダ、グダグダ考えているだけで、何もできない。

結局、「考える」ことができるほど利口じゃないけど、

プライドはない人が、得をしているのだ。



まず始めるなら「言い訳しない」がいい


「言い訳」しない、「自意識」と「プライド」を捨てる。

3つ挙げたが、まず始めるなら「言い訳しない」がいいだろう。

言い訳をやめると、本当にすっきりする。

すぐに動けるようになる。

これだけでも、今からやってみて欲しい。

O‰@–@–±ˆÏˆõ‰ï‚ŁAŽQll‚Æ‚µ‚Ĉӌ©‚ð’q‚·‚錳ƒ‰ƒCƒuƒhƒAŽÐ’·‚Ì–x]‹M•¶Ž‚P‚O“úŒß‘OA“Œ‹žE‘‰ï“à

みんな自意識過剰なのだ。


でも、他人のことなんて、実は誰も気にしてはいない。

僕だって、「わー、ホリエモンだ」とか言われて写メをとられることもあるが、

せいぜい、その人が友人と夕飯を食べながら

「今日ホリエモンと写メとったんだ」「へえ」と話して終わり。

その場のニュースネタとして消費されるだけ。

アメリカの大統領にしても、どんな有名人にしても、世間の関心など、せいぜいこの程度のものなのだ。

だから、「どう見られているか」など、気にしていても仕方がない。

最後に


どんなに偉くなっても物腰柔らかい人、相手に対して経緯を払える人は

この、「言い訳」しない。「自意識」と「プライド」を捨てる、

ができる人間なんですね。

 - 時事, 芸能人・モデル