Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、お役に立つ情報を独自の視点で紹介するバイラルメディア

20%の必然と80%の偶然【パレートの法則】って本当?

   

20%の必然性、80%の偶然性

コンサルティングや
コンペなどでよく言われることなんですが
爆発的に商品が売り上げを上げたり、
タレントが売れたりするには、
20%の必然性、80%の偶然性があります。
80%は残念ながら偶然が左右するのですが、
偶然をも掴みとる
20%のやるべきことを徹底的に考え抜く必要があります。

・他に出来ることはないか?
・やるべきことはないか?
・本当にこれでいいのか?

を考えて×100、考えぬく必要があります。
そうすると、結論はギミックではなく
シンプルな方法論にいたるんです。

経済において、全体の数値の大部分は、
全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。
現代で言われるパレートの法則の多くは、
法則と言うよりもいわゆる経験則のたぐいである。
自然現象や社会現象は決して平均的ではなく、
ばらつきや偏りが存在し、
それを集約すると一部が全体に大きな影響を持っていることが多い、
というごく当たり前の現象を
本当はパレートの法則の名を借りて補強している場合が少なくない。

パレートの法則の代表例

・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。→ロングテール
・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
・仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
・故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。
・所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
・プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。
・全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。
・離婚件数の80%を離婚経験者20%が占めている。
・全所得の8割は、人口の2割の富裕層が持つ
・ソフトウェア利用者のうち80%は、全機能のうち20%しか使わない。

パレートの法則を更に細分化した2-6-2の法則

1.上位2割 … 実績・生産性が高く積極性に優れた優秀なグループ
2.中位6割 … 上位にも下位にも属さない平均的なグループ
3.下位2割 … 実績・生産性が低く積極的に行動しないグループ
つまり、「優秀な人2割」「普通の人6割」「パッとしない人2割」。
人々が集団やグループを構成した場合、自然発生的にこのような内訳に
「2-6-2の法則」は、提唱者や発見者の名前が大々的に出ていないことや、
営業支援・人材育成といったシーンで多用される点からも、
「パレートの法則」の派生、変形、拡大解釈といった流れで生まれた、
現代風の「経験則」であるというのが一般的な解釈と言われています。

 - マーケティング