Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、お役に立つ情報を独自の視点で紹介するバイラルメディア

『自分が社会人失格・不適合者だ!ダメ人間だ、ダメ男だ!!』と感じている人に捧ぐ

   

『自分がダメ人間だ!』と悟った時の対処法

今に始まった話ではないですが
最近改めて自分自身のダメ人間ブリを痛感しています。
とにかく人と同じこと、普通の人ができることができなくて

『オレは社会不適合者なのか???』
と思い悩み続けました。

新卒のときに間違って、
カタイ会社に入ったのですが同期との差が歴然でした。
例えば、朝9時30分から朝礼なのですが、
新入社員のくせに遅刻を連発、もちろんその前の掃除とかも間に合わない。
ロープレ研修とかがあったのですが先輩たちの前でロープレすると
カミまくり、焦りまくりで不合格を連発。。。
営業活動は毎日飛び込み営業が続いて
すぐに嫌になってさぼり

『社会ってなんて厳しいのだろうか??大人ってえらいなぁーー』
『これはダメ人間、社会不適合者にとっての修行なのだ!!』

とボッチで公園のベンチでうなだれるながら
悶々と悩みつづけながら、
自らを洗脳することでなんとか毎日をサバイブしていました。

浮浪者からの啓示(実話)

ある日、それは夏の暑い日でした。
いつもどおり蒲田の公園の日陰のベンチで
空を見ながら自問自答をしていると
浮浪者が近寄ってきて私にこう言ったのです。

『なんでこんなクソ暑い日にネクタイなんか着けてるんだ?
ネクタイってのはな、資本主義の首輪お前は資本主義の飼い犬なんだよ!!
首輪なんかさっさとと取っちまえよ!!
気持ちいいぞーーーーー』

それだけを言って彼は去って行きました。
私は彼の発言が衝撃的すぎてポカーーンでした。

『そうか!!これは神の啓示だ!!』
『おれは蒲田で神に出会ったのだ!!』と思い
首輪を取ろう!そう思ったのです。
早速、首輪を取る段取りを始めたのです。

やりたいリストではなくやりたくないリスト

その当時私には『やりたいこと』がありましたが
やりたいことをリスト化すると気づいたのです。
やりたくないことリストと表裏一体だったのです。
くだらないけど自分はこれだけはやりたくない
シンプルにやりたくないリストを徹底的に実践していこう!!
と思ったのです。

やりたくないリスト、私の場合

リストを書いて毎日見れるように自宅の鏡横とトイレに貼っていました。

・満員電車に乗りたくない。
・スーツ、ネクタイを着たくない。
・営業報告書を毎日出したくない。
などなど。

くだらないことを100位書いた記憶があります。(内容は忘れましたw)
そうしたら、この会社にいる意味がないことに改めて気づいたのです。
しばらく忘れていた、押し殺してきた感情が再び湧き上がってきたのです
そうだ!!私はダメ人間だったんだ!!
ダメ人間が優秀な人間、バランスがとれた人間になろう!としていたのが
間違いだったのだ!!

やりたくないリストが実現できる仕事を探そう!!と思って
探したのがクリエイティブ業界だったのです。

クリエイティブ業界はダメ人間の集まりである

固い業界から豆腐みたいな柔らかい??業界であるクリエイティブという名の
業界に転職しました。
この業界はとにかくダメ人間が多いです。

ダメ人間が最後に流れ着く聖地といっても過言ではなく
この業界がだめならフリーしか道がありません。
会社によって違うかもしれませんが
朝定時出社がない、もちろん定時帰社がない。
営業なのに私服。

皆、時間どおり集まらない(汗)。連絡がつながらない。
最初は戸惑いましたが、
『あぁーーこれは私が仕事したかった環境じゃないか!!』ってね。

最後に

自分がダメ人間だと自覚がある人
普通であることに疑問がある人
とにかく他人と同じがいやだ!!という人
ドロップアウトしたが社会人に未練がある人

まだ道が残っているからクリエイティブ業界に来なさい。

 - 自己啓発