Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、お役に立つ情報を独自の視点で紹介するバイラルメディア

【就職活動生、必見!】大企業に入るメリット・デメリット

   

大企業で働くことは得なのか?損なのか?

『大企業ってカッコイイよね』
『名前出すだけで合コン受け、女の子にモテる?から大企業が良い!!』

私は新卒で大企業に入ったのですが上の2点で決めました(汗)
今考えてみたら『アホ!!』以外何物でもないのですが
その当時を情報や自分のやりたいことが全く整理できておらず
とりあえず会社に入ったというのが本音です。
そして、新卒から5年で耐えきれず大企業をドロップアウトしてしまった
軟派(ナンパ)な男なのですが
大企業に入るメリットって何なのでしょうか?
勿論デメリットもありますので
そこを見極めたうえで判断出来たらよかったな・・・
と昔の自分を見て書いてみました。
暑い中頑張っている、
『就職活動(シュウカツ)生』に会社選びの参考?
としてもらえると幸いです。

メリット1.
良くも悪くも名前が通っています。

会社を名乗っただけで相手がサービスを知っているので
営業としては話が早く、信頼が大きいです。
しかも大手クライアントを担当する可能性もあり
ダイナミックな仕事が出来ます。
ここは中小企業(ベンチャー)と大きく違う点で
出入りから難しいのが実情です。

メリット2.
親を安心させられる。

これって意外と重要です。
両親世代だと大きいことはいい事だ!!的な考え方になり、
子供を心配する親としては
『あぁーーやっと一人前になったか!!』
と安心させられますので親孝行と思えばいいかと。
その代り辞める時のバッシングはハンパないのでお忘れなく。。

メリット3・
優秀な人材が多い。

難関な面接をくぐりぬけてきた人物が何千人と社員がいる会社なので
当然優秀な人材が多いです。

勿論その分ダメな人材も多いのですが、
それでも配置転換や部署の数も中小企業に比べれば
桁違いに多いはずですので優秀な先輩に出会える可能性が高い!!です。

人生は人との出会いで決まります

優秀な人と一緒に仕事を出来るのは
アナタにとっても大きなメリットになるはずです。
もし不運にもダメな先輩にあたった場合でも
配置換えを人事に訴えることも可能です。

大企業で働くデメリット

1.仕事が分担制である
中小企業だと、なんでもかんでも自分でやらないといけないのに対して
大企業だと役割分担が決まっており
ある程度仕事はここからここまでと決まっていて
仕事全体を見渡す、フカンで仕事を見れません。
なので大企業から中小企業に転職した場合一番困るのは
全て大企業ではルール役割が明確なのに対し、中小はすべて自分でやる、
ルールは自分で創っていくというところが一番困惑します。
例えば、契約書がない、お金の入金も自分で確認など。

2.会社のルールに縛られる
基本、大きな『村』と一緒なのでルールに縛られます。
前例がないことはやれない、
何かあれば上にお伺いを立てるために稟議書を書く、
社内用の報告書の数が多い、など。
生産性のない仕事が多くなり疑問と
疑惑を持たざるを得なくなる可能性が高いです。
当然スピードも遅いですので
そこに不満があれば中小企業で仕事をしたほうが
良いかもしれません。

3.優秀な人材が多い半面、腐った人材も多い。
大企業なので人が多いです。
なので尊敬できない、腐った人材も多くいます。
自分がその人に関わらないように注意しましょう。

最後に

間違いなく言えるのは、
『大きいことは良いことだ!!』の時代は終わりました。

会社に依存する気持ちで仕事をするのだけはやめましょう。
『会社を利用してやる!!』位の気持ちで仕事をしないと
会社が傾いた時に捨てられる(リストラ)要因になってしまうので

自分の性格ややりたいことをもう一度考えて大企業が合う、
合わないを考え見ることをお勧めします。

 - 未分類