Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、お役に立つ情報を独自の視点で紹介するバイラルメディア

成功者は実践している苦しい時を切り抜ける考え方

   

自分の身体を思ったように動かす練習をしておく

元陸上選手の武井壮さんが語った
「スポーツが速く上達するコツ」が
すごすぎると話題になりましたよね。
以下参照。

http://logmi.jp/5734

これって『考え方』
としてスゴイ勉強になると思うんです。

キャリブレーション機能ってなんだ??

キャリブレーション、ともいうんですがいわゆる補正。
カメラの自動補正みたいなもので
仮に焦点からずれても自分自身の思い通り、
自分自身のなりたい軸に焦点を修整できる能力で
成功者、一流アスリート達は現状のズレを認識できて
自分の基準に修整が出来るスキルが高いんだと思うんです。

思考を自然にできる練習(ストレッチ)

自分のやりたいこと、
脳みそで描いているビジョンと
自分がやろうとしている現状のズレ、
誤差を認識して修正できる能力とでも言うのでしょうか。。
色々な人の話を聞いていると
明らかにビジョンと現状がかけ離れていて
何から始めたらいいのか分からないという人が非常に多い。

・何が誤差を生んでいるのか?
・ビジョンに対して誤差を修整するためには何をすべきなのか?
・誤差を修整するための優先順位はなんなのか?

という考え方の順位がつけれなくて困っている。
で、上記の思考を自然にできる練習(ストレッチ)が必要なんだと思うんです。

『これって今の自分に必要だわーーー』と
自分で納得して苦手なことにも取り組めますし
まずは柔軟に思考のストレッチでズレを確認してみましょう。

 - スポーツ