Fantastic Viral Machine

ニュースや話題、お役に立つ情報を独自の視点で紹介するバイラルメディア

プロに無償で仕事・頼みごとをしてはいけない理由

      2017/10/17

スキルや情報に対価を払うとは?

手に職系の人が自分自身のスキルを提供するのに
どこまでお金を頂くべきなのか?
これって結構悩むものです。。。。
自分自身やっとわかったことがあるのですが
プロに無償(もしくはタダに近い)で仕事を頼む人は、
手に職系の人たちが
技術やそのスキルを身につけるために費やした時間
をお金に変えて生活しているということを理解できないんだ、
ということです。
簡単に言うと、

目に見えるベネフィット、
モノ=お金

情報やスキルは目に見えないモノ
物差しで測りづらいモノ
という考え方なのです。
これは致し方ないのかな、と思います。
特にサラリーマン的な給与をもらう発想の人は
特にあるのですが、
『自分のスキルで飯を食べている!!』
という意識が低いので
こういう発想に陥りがちなのです。

ウェブやデザインをお願いする人の場合

クリエイターが一番分かりやすいのですが、
WEBの修正やリ・サイズ(サイズを変える)、
動画編集など
『お願い!!ここをちょっとなおしてほしい!!』
『簡単でいいから作ってほしい!!』

とよく言われるのですが、
プロは
『やるけど・・・・(お金掛かるよ)』
『金カネっいうとなんか金の亡者みたいに思われるんだろな・・・』

と変な気を使ったりしてしまうのです。

プロに頼むとお金は掛かる

情報やコンサルは
こちらは時間を費やして身に付けたものなんで、
情報提供にもお金が発生し
勿論、技術提供にもお金という対価が発生するのです。
解らないことに対してその情報を提供したら
アナタの検索する時間や制作時間、
遠回りしていたことが分かって
時間短縮が出来るのですから。
そこを少しでも理解して頂けると
技術者や価値提供者は報われるわけです。

 - 自己啓発