サラリーマンをしながら起業して会社をバイアウト!趣味の音楽や仕事、価値観を伝えるブログ

Fantastic Viral Machine

blog music

2021年「藤井風」祭りだった1年を振り返る

投稿日:

2021年は藤井風祭りだった!

個人的に昨年末、2020年武道館LIVEに行けず、youtubeなどで「何なんw」を見て必ずLIVEに行きたい!と思わせてくれる藤井風の歌唱力と世の中を惹きつける人間力に魅了された1年でした。今回は2021年の藤井風の感想のみです。。

旅路

2021年初っ端で『にじいろカルテ』の主題歌に起用される!という情報を受けてドラマを心待ちにして最後の曲を聴いたが高畑充希の声も重なり(ドラマが進行中)で曲が流れて曲がよくわからない。。という残念な思いをした「旅路」です。個人的に「旅路」はソウルフルな曲、ダニーハザウェイを連想してしまうJ-POPらしからぬ曲調と故郷里庄を思い起こさせる歌詞とMVが「あぁー里庄町行ってみたい!」と思わせてしまうノスタルジーあふれる曲です。

きらり

藤井風の公式インスタ?でHONDAの画像が掲載されもしかしたらあのSuchmosやNulbarichを排出したHONDAのCM曲になるのでは?と噂がtwitterで駆け巡りましたが正しくGood Groove、ドライブにもってこいの藤井風史上一番POPでキャッチーな曲になりました!
サビの部分が夏の青空で車でかけるに、これほどマッチした曲はないんじゃないか?と思わせる、4分満たないのが勿体無いのでエンドレスループで聞いていた、記憶が・・

最初の「きらり」製作秘話でスマホで録音した音源やピアノバージョンを聴かせてくれてまた名曲が誕生した、と当時にどんどん藤井風が世の中に知れ渡る、ライブのチケットが取れにくくなる残念な思いが入り混じった記憶があります。



free liveと燃えよ

日産スタジアムのfree LIVE告知と同時にコロナが猛威をふるい始め「LIVEができるのか?」とFANをヤキモキさせた企画でしたがライブの中継で一安心した記憶がありつつ、まさかの新曲「燃えよ」をリリース。歌詞が先行して発表され、藤井風には珍しくど直球な歌詞、何か燃えさせてくれる、着火剤になるような歌詞からのピアノ弾き語り。正直ピンときなかったのが感想です。
が前のブログでも書きましたがLIVE映えする?曲で今でもあのハイテンションの曲のシーンが思い出せるくらい一気にこの曲が好きになりました。

代々木LIVE

もう夢にまでみたLIVEです!日本武道館LIVEに外れ、今のうちに藤井風を見ておかないと!という焦燥感ばかりの2021年でした・・がやっと代々木LIVE行けました。ブログでも書いたのですが藤井風熱が少し下がり気味、「きらり」をループしすぎてアルバムを聴きすぎて暫く聴かない時期が続いてのLIVE参戦、やられました。。
やっぱり歌とパフォーマンスがうまいのでLIVE映えするミュージシャンという印象です。
ビジュアル先行でFANの方も多いと思うのですがミュージシャン藤井風が堪能出来、持ち歌全てで2時間持たせられる、盛り上がる2年目のミュージシャンと考えると凄いよな。。とただただ感激したLIVEでした。

最後に

私は洋楽専門で日本人はほぼ聴かない人だったんですが、藤井風は日本の音楽歴史に残るミュージシャンだ、見ておかないと!という使命感で追っかけた2021年だったと思います。今回は私の完全な感想のみですがコロナでLIVEに行けなかった時期が長かったんで生のLIVEで盛り上がれる、って本当にいいな、と藤井風を聞いて思ったのでした。

あと、藤井風に似せた丸メガネを買ってしまいました。。似ても似つかず恥

-blog, music

Copyright© Fantastic Viral Machine , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.